遺伝子技術の社会学 (ソキウス研究叢書) [ 柘植あづみ ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】遺伝子技術の社会学 (ソキウス研究叢書) [ 柘植あづみ ]

カード利用可 海外配送不可 翌日配送可能 ギフト包装不可能

0 (0件)

在庫あり

3,740円 (税込み) (送料込み)

販売ページ

キャッチコピー

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

ショップ名

楽天ブックス

商品情報

翌日配送締め切り時間 12:00
翌日配送対象地域 群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/宮城県/福島県/茨城県/栃木県
ポイント 1倍

商品説明

ソキウス研究叢書 柘植あづみ 加藤秀一 文化書房博文社イデンシ ギジュツ ノ シャカイガク ツゲ,アズミ カトウ,シュウイチ 発行年月:2007年09月 ページ数:237, サイズ:単行本 ISBN:9784830110856 柘植あづみ(ツゲアズミ) 明治学院大学社会学部社会学科 加藤秀一(カトウシュウイチ) 明治学院大学社会学部社会学科(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 遺伝子決定論、あるいは“運命愛”の両義性についてー言説としての遺伝子/DNA(「DNA神話」の現在/遺伝子決定論とは何か/遺伝子決定論/本質主義の大衆的意味/遺伝子決定論/本質主義の深奥)/第2章 遺伝子・患者・市民(遺伝性疾患患者・家族のアドボカシー/断片化する身体/ジェネティック・シティズンシップの将来)/第3章 遺伝子組換え問題をめぐる消費者の弱点ー先端技術リスクの当事者として(遺伝子組換え作物の普及と議論/食品安全性問題に関する消費者への期待と役割/消費者の社会的選択と不安/不確実性に当事者として対応する)/第4章 ディスアビリティとインペアメントの間ー遺伝子技術をめぐる「当事者」へのインタビュー調査(分析枠組みとしてのディスアビリティとインペアメント/共通体験としての「無力化(disabling)された自己」/無力化からの解放の手法/まとめに代えて)/第5章 遺伝子化された生を越える(病気/障害の経験/病気/障害と治療/遺伝病へのまなざし/結論) 本 科学・技術 生物学

販売ページ