石橋秀野の一〇〇句を読む 俳句と生涯 [ 山本安見 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】石橋秀野の一〇〇句を読む 俳句と生涯 [ 山本安見 ]

カード利用可 海外配送不可 翌日配送不可 ギフト包装不可能

0 (0件)

在庫なし

1,650円 (税込み) (送料込み)

販売ページ

キャッチコピー

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

ショップ名

楽天ブックス

商品情報

ポイント 1倍

商品説明

俳句と生涯 山本安見 宇多喜代子 飯塚書店イシバシ ヒデノ ノ ヒャック オ ヨム ヤマモト,ヤスミ ウダ,キヨコ 発行年月:2010年09月 ページ数:198p サイズ:単行本 ISBN:9784752220602 山本安見子(ヤマモトヤスミコ) エッセイスト。1942年、文芸評論家の山本健吉と俳人石橋秀野の一人娘として東京で生まれる。本名、石橋安見(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 木犀にとほき潮のみちにけり/凍鶴に忽然と日の流れけり/寒梅やつぼみふれあふ仄明り/山ごもる大和は遠し目刺し食す/我年に母吾を生みぬ初湯浴み/望遠鏡かなし枯枝頬にふるゝ/もの言はぬ餉のならひかもエゴの花/小夜食やパン焼けつ皿光りをり/乳しぼり捨てゝ吹雪となりゐたり/初ひゝ陸奥と大和の御祖かな〔ほか〕 山本健吉、石橋秀野夫妻の一人娘が俳句文学史の空白を埋める。 本 人文・思想・社会 文学 詩歌・俳諧

販売ページ