知の開拓者杉田玄白 『蘭学事始』とその時代 [ 片桐一男 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】知の開拓者杉田玄白 『蘭学事始』とその時代 [ 片桐一男 ]

カード利用可 海外配送不可 翌日配送不可 ギフト包装不可能

0 (0件)

在庫あり

2,640円 (税込み) (送料込み)

(2022/07/07 22:14:54時点の在庫、価格情報です。詳しくは販売ページにてご確認下さい。)

販売ページ

キャッチコピー

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

ショップ名

楽天ブックス

商品情報

ポイント 1倍

商品説明

『蘭学事始』とその時代 片桐一男 勉誠出版チ ノ カイタクシャ スギタ ゲンパク カタギリ,カズオ 発行年月:2015年01月 ページ数:301p サイズ:単行本 ISBN:9784585221098 片桐一男(カタギリカズオ) 1934年(昭和9年)、新潟県に生まれる。1967年、法政大学大学院人文科学研究科日本史学専攻博士課程単位取得。現在、青山学院大学文学部名誉教授。文学博士。洋学史研究会会長。公益財団法人東洋文庫研究員。専攻、蘭学史・洋学史・日蘭文化交渉史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 勇気と知恵の書『蘭学事始』と杉田玄白/『蘭学事始』執筆の目的/『蘭学事始』『蘭東事始』『和蘭事始』/鎖国と南蛮流外科・和蘭流外科/阿蘭陀通詞とオランダ語学習/徳川吉宗と野呂元丈・青木昆陽/前野良沢と一節截とオランダ語/オランダ文字と後藤梨春・安富寄碩/長崎屋訪問と良沢・玄白の目的/田沼時代とオランダものの流行〔ほか〕 『蘭学事始』は杉田玄白が『解体新書』の原書の入手から翻訳・刊行にいたるまでの苦心談や「蘭学」の創始、前野良沢ら同志と取り組んだ挑戦の実況、蘭学界の動向・推移などを書きつづった回顧録である。玄白はなぜ「蘭学」という新しい学問を創始したか。いかにして近代西洋医学の道を切り拓いたか。その成果は後世にどのような影響を与えたか。また、『蘭学事始』執筆の動機とは何か。蘭学発達の道筋、玄白らの知恵と工夫と努力の過程を、玄白自身の言葉を手がかりに、時代状況や蘭学史研究の最新の成果、新たに判明した玄白の記憶の間違い、解明に到った新事実を盛り込んで紹介する。 本 人文・思想・社会 歴史 日本史 人文・思想・社会 歴史 伝記(外国)

販売ページ