ハンドブック戦後日本外交史 対日講話から密約問題まで (Minerva KEYWORDS) [ 宮下明聡 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】ハンドブック戦後日本外交史 対日講話から密約問題まで (Minerva KEYWORDS) [ 宮下明聡 ]

カード利用可 海外配送不可 翌日配送不可 ギフト包装不可能

0 (0件)

在庫あり

3,850円 (税込み) (送料込み)

販売ページ

キャッチコピー

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

ショップ名

楽天ブックス

商品情報

ポイント 1倍

商品説明

対日講話から密約問題まで Minerva KEYWORDS 宮下明聡 ミネルヴァ書房ハンドブック センゴ ニホン ガイコウシ ミヤシタ,アキトシ 発行年月:2017年03月 ページ数:318p サイズ:全集・双書 ISBN:9784623078615 宮下明聡(ミヤシタアキトシ) 1964年神奈川県生まれ。1997年コロンビア大学大学院博士課程修了。現在、東京国際大学国際関係学部教授。Ph.D.(政治学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1部 戦後処理と国際社会への復帰ー一九五〇年代〜六〇年代(対日講和条約(一九五一年)ー「寛大な講和」とその代償/日米安全保障条約(一九五一年)ー戦後日本外交の基点 ほか)/第2部 経済大国への始動ー一九七〇年代(よど号ハイジャック事件(一九七〇年)ー赤軍派の犯行と犯人たちのその後/ニクソン・ショック1(一九七一年)ー頭越しの米中接近 ほか)/第3部 貿易摩擦と歴史問題ー一九八〇年代(総合安全保障構想(一九八〇年)ー多元化する脅威認識/日本軍対米輸出自主規制(一九八一年)ーハンマーで叩き壊された日本車 ほか)/第4部 冷戦の終結と一国平和主義の終焉ー一九九〇年代以降(日米構造協議最終報告書(一九九〇年)ー外圧と国内政治/カンボジア和平東京会議(一九九〇年)ー平和構築へのイニシアチブ ほか) 「経済大国」日本がなしえた外交とは。日米同盟、自衛隊、沖縄返還、貿易摩擦、PKO派遣、密約問題…敗戦・占領から70年間に直面した、82の外交事例を解明する。 本 人文・思想・社会 政治

販売ページ