MaaS入門 まちづくりのためのスマートモビリティ戦略 [ 森口将之 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】MaaS入門 まちづくりのためのスマートモビリティ戦略 [ 森口将之 ]

カード利用可 海外配送不可 翌日配送不可 ギフト包装不可能

0 (0件)

在庫あり

2,530円 (税込み) (送料込み)

販売ページ

キャッチコピー

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

ショップ名

楽天ブックス

商品情報

ポイント 1倍

商品説明

まちづくりのためのスマートモビリティ戦略 森口将之 学芸出版社(京都)マース ニュウモン モリグチ,マサユキ 発行年月:2019年08月 予約締切日:2019年07月01日 ページ数:200p サイズ:単行本 ISBN:9784761527112 森口将之(モリグチマサユキ) 1962年東京都生まれ。早稲田大学卒業後、出版社編集部を経て1993年にフリーランスジャーナリストとして独立。国内外の交通事情・都市事情を取材し、雑誌・テレビ、ラジオ・インターネット・講演などで発表。2011年には株式会社モビリシティを設立し、モビリティやまちづくりの問題解決のためのリサーチ、コンサルティングを担当する。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、グッドデザイン賞審査委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 序章 MaaSは交通まちづくりの最強ツール/第1章 フィンランドから世界に広がるMaaS/第2章 MaaSの源流になったスマートテクノロジー/第3章 フィンランドとヘルシンキの政策/第4章 MaaSが生まれた理由/第5章 ヘルシンキでMaaSを体感する/第6章 世界で導入が進むMaaS/第7章 自動車メーカーがMaaSに参入する理由/第8章 ルーラル地域とMaaS/第9章 日本でのMaaSの取り組み/第10章 日本でMaaSを根付かせるために 日本にもやってきたMaaSブーム。だが日本では自動車業界の新規ビジネスのネタとして紹介されることが多い。本書は、世界と日本の動きをもとに、各種の公共交通の利便性向上で脱マイカー依存を実現し、都市と地方を持続可能にする強力な政策ツールとしてのMaaSの活かし方を徹底解説。交通・ICT・地方創生関係者、必読の1冊。 本 ビジネス・経済・就職 産業 運輸・交通・通信

販売ページ