渡来系移住民 半島・大陸との往来 (シリーズ 古代史をひらく) [ 吉村 武彦 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】渡来系移住民 半島・大陸との往来 (シリーズ 古代史をひらく) [ 吉村 武彦 ]

カード利用可 海外配送不可 翌日配送可能 ギフト包装不可能

0 (0件)

在庫あり

2,860円 (税込み) (送料込み)

販売ページ

キャッチコピー

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

ショップ名

楽天ブックス

商品情報

翌日配送締め切り時間 12:00
翌日配送対象地域 群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/宮城県/福島県/茨城県/栃木県
ポイント 1倍

商品説明

半島・大陸との往来 シリーズ 古代史をひらく 吉村 武彦 吉川 真司 岩波書店トライケイイジュウミン ヨシムラ タケヒコ ヨシカワ シンジ 発行年月:2020年03月19日 予約締切日:2020年02月06日 ページ数:342p サイズ:全集・双書 ISBN:9784000284981 吉村武彦(ヨシムラタケヒコ) 1945年生。明治大学名誉教授。日本古代史 吉川真司(ヨシカワシンジ) 1960年生。京都大学教授。日本古代史 川尻秋生(カワジリアキオ) 1961年生。早稲田大学教授。日本古代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) “渡来系移住民”を考える/ヤマト王権と半島・大陸との往来/渡来系移住民がもたらした産業技術ー畿内地域の鍛冶生産と馬生産/列島各地の渡来系文化・渡来人/律令制国家の政治・文化と渡来系移住民/古代の朝鮮半島と日本列島/座談会 “渡来系移住民”と古代社会(吉村武彦/千賀久/亀田修一/田中史生/吉川真司) 海を渡って来た人々が、列島の文明化に果たした役割はきわめて大きい。須恵器や鉄器の製作、馬の飼育などの産業技術、文字の利用や思想・文化は、どこから、どのように列島にもたらされ、定着していったのか。その具体的な姿を考古学研究の最新成果を踏まえて明らかにするとともに、律令制国家の中での渡来系移住民の位置づけと、その歴史的意義を考える。 本 人文・思想・社会 歴史 日本史

販売ページ