日本習合論 [ 内田樹 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本習合論 [ 内田樹 ]

カード利用可 海外配送不可 翌日配送不可 ギフト包装不可能

0 (0件)

在庫あり

1,980円 (税込み) (送料込み)

販売ページ

キャッチコピー

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

ショップ名

楽天ブックス

商品情報

ポイント 1倍

商品説明

内田樹 ミシマ社ニホンシュウゴウロン ウチダタツル 発行年月:2020年09月19日 予約締切日:2020年08月06日 ページ数:296p サイズ:単行本 ISBN:9784909394408 内田樹(ウチダタツル) 1950年東京生まれ。東京大学文学部仏文科卒業。東京都立大学大学院博士課程中退。神戸女学院大学を2011年3月に退官、同大学名誉教授。専門はフランス現代思想、武道論、教育論、映画論など。著書に『私家版・ユダヤ文化論』(文春新書・第6回小林秀雄賞受賞)、『日本辺境論』(新潮新書・2010年新書大賞受賞)など多数。第3回伊丹十三賞受賞。現在、神戸市で武道と哲学のための学塾「凱風館」を主宰している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 動的な調和と粘ついた共感/第2章 習合というシステム/第3章 神仏分離と神仏習合/第4章 農業と習合/第5章 会社の生命力を取り戻す/第6章 仕事の概念を拡大する/第7章 日本的民主主義の可能性/第8章 習合と純化 どうして神仏習合という雑種文化は消えたのか?共同体、民主主義、農業、宗教、働き方…その問題点と可能性を「習合」的に看破した、傑作書き下ろし。 本 人文・思想・社会 社会科学

販売ページ