東京スリバチの達人 分水嶺東京北部編 [ 皆川典久 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】東京スリバチの達人 分水嶺東京北部編 [ 皆川典久 ]

カード利用可 海外配送不可 翌日配送不可 ギフト包装不可能

0 (0件)

在庫あり

1,650円 (税込み) (送料込み)

販売ページ

キャッチコピー

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

ショップ名

楽天ブックス

商品情報

ポイント 1倍

商品説明

皆川典久 昭文社トウキョウスリバチノタツジンブンスイレイトウキョウホクブヘン ミナガワノリヒサ 発行年月:2020年12月11日 予約締切日:2020年11月13日 ページ数:176p サイズ:単行本 ISBN:9784398145949 皆川典久(ミナガワノリヒサ) 東京スリバチ学会会長。1963年群馬県前橋市生まれ。東北大学工学部建築学科卒業。2003年に東京スリバチ学会を設立、凹凸地形に着目したフィールドワークを主宰し、観察と記録を続けている。2012年から4年間、東北大学非常勤講師として復興支援に協力。2014年には町の魅力を発掘する手法と取り組みが評価され、東京スリバチ学会としてグッドデザイン賞を受賞した。法政大学非常勤講師の他、江戸・東京研究センターの客員研究員、高低差建築学会会長、沿道商店街組合理事など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 番町・千鳥ヶ淵/河田町・荒木町/柳橋・日本橋/本郷・不忍池/市谷・神楽坂/大久保・新宿/雑司が谷・池袋/落合・おとめ山/茗荷谷・小石川/根津・谷中・千駄木/王子・駒込/板橋宿/浅草・鳥越/上野・根岸/赤羽/志村・前野 武蔵野台地に築かれた江戸と東京には数多くの窪地や谷間があり、都市の創造と破壊のなかで、人々の暮らしに寄り添い、その役割を担ってきた。湧水、水流によって形作られた姿をスリバチと名付け、メトロポリス・TOKYOの魅力を水系でたどる。北部編は、紅葉川水系、神田川水系、谷端川水系、石神井川水系、荒川水系。著者のフィールドワークが結実した画期的ガイド! 本 科学・技術 地学・天文学

販売ページ