2021年版 プロ野球問題だらけの12球団 [ 小関 順二 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】2021年版 プロ野球問題だらけの12球団 [ 小関 順二 ]

カード利用可 海外配送不可 翌日配送不可 ギフト包装不可能

3 (1件)

在庫あり

1,760円 (税込み) (送料込み)

販売ページ

キャッチコピー

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

ショップ名

楽天ブックス

商品情報

ポイント 1倍

商品説明

小関 順二 草思社ニセンニジュウイチネンバンプロヤキュウモンダイダラケノジュウニキュウダン コセキ ジュンジ 発行年月:2021年03月02日 予約締切日:2021年02月03日 ページ数:224p サイズ:単行本 ISBN:9784794225085 小関順二(コセキジュンジ) スポーツライター。1952年神奈川県生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒業。プロ野球のドラフト(新人補強)戦略の重要性に初めて着目し、野球メディアに「ドラフト」というカテゴリーを確立した。2000年より年度版として刊行している『プロ野球 問題だらけの12球団』シリーズのほか、著書多数。CSテレビ局スカイ・A sports+が中継するドラフト会議の解説を1999年以降、フレッシュオールスターゲームのゲスト解説を2010年以降務めている(同ドラフト会議の中継は20年度の衛星放送協会オリジナル番組アワード「番組部門中継」の最優秀賞を受賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 2021年版プロ野球巻頭特集ー「パ高セ低」はなぜ生まれたのか?(2004年に勃発した球界再編騒動がセは悪役、パは善玉のイメージを植えつけた/交流戦、日本シリーズで「実力のパ」が確立。パのDH制導入以降の30年間の日本シリーズはセパ五分五分/攻撃的精神を象徴する「投手の死球」と「野手の盗塁」にセパで大きな差が ほか)/パシフィック・リーグ戦力徹底分析!(パ・リーグ2020年ドラフト会議指名結果/福岡ソフトバンクホークス/千葉ロッテマリーンズ ほか)/セントラル・リーグ戦力徹底分析!(セ・リーグ2020年ドラフト会議指名結果/読売ジャイアンツ/阪神タイガース ほか) 「パ高セ低」はなぜ起きたのか?コロナ禍で球界はどうなるのか?ドラフト研究の第一人者が、育成路線へと舵を切りつつある12球団の2021年シーズンを徹底分析! 本 ホビー・スポーツ・美術 スポーツ 野球

販売ページ