中世の博多とアジア [ 伊藤幸司 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】中世の博多とアジア [ 伊藤幸司 ]

カード利用可 海外配送不可 翌日配送不可 ギフト包装不可能

0 (0件)

在庫あり

10,450円 (税込み) (送料込み)

販売ページ

キャッチコピー

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

ショップ名

楽天ブックス

商品情報

ポイント 1倍

商品説明

伊藤幸司 勉誠出版チュウセイノハカタトアジア イトウコウジ 発行年月:2021年02月26日 予約締切日:2021年02月10日 ページ数:564p サイズ:単行本 ISBN:9784585223009 伊藤幸司(イトウコウジ) 1970年岐阜県生まれ。九州大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。九州大学大学院比較社会文化研究院教授。専門は日本中世史・東アジア交流史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 中世博多研究の潮流/第1部 貿易都市博多(港町複合体としての中世博多湾/中世博多の海商と海の道ー南島路をめぐって/日朝関係における偽使の時代ー博多商人の視角から/中世後期の博多とアジア)/第2部 宗教都市博多(宗教都市博多の中世ー寺社を中心として/博多と鎌倉ー鎌倉時代の日本禅宗界/首羅山・油山と東アジア/中世の崇福寺をめぐって/博多正福寺と臨済宗幻住派)/第3部 博多の史料研究(聖福寺古図と承天寺古図ー描かれた戦国時代の博多/湖心碩鼎『頤賢録』について)/アジアのなかの港市博多/史料編 湖心碩鼎『頤賢録』 中世日本においてアジアへの窓口であり、アジアにおける日本への窓口でもあった博多。アジアの海商が来航する博多での貿易活動は、民間取引や国家外交など、多様で広範な国際交流のなかで展開されていた。また、博多で展開する宗教勢力は、こうした国際交流と密接不可分の状況で展開し、その影響はネットワークを通じて広く列島の各所にも及んでいた。中世の博多をもっとも特徴付ける要素である「貿易」と「宗教」という視角から俯瞰的に考察し、中世日本最大の国際貿易港であり、東アジア海域有数の港湾都市であった博多の実像に迫る。国際交流史、都市史、流通史、宗教史を架橋する新知見を提示。 本 人文・思想・社会 歴史 日本史

販売ページ