災害公営住宅の社会学 [ 吉野 英岐 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】災害公営住宅の社会学 [ 吉野 英岐 ]

カード利用可 海外配送不可 翌日配送可能 ギフト包装不可能

0 (0件)

在庫あり

3,520円 (税込み) (送料込み)

販売ページ

キャッチコピー

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

ショップ名

楽天ブックス

商品情報

翌日配送締め切り時間 12:00
翌日配送対象地域 群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/宮城県/福島県/茨城県/栃木県
ポイント 1倍

商品説明

吉野 英岐 東信堂サイガイコウエイジュウタクノシャカイガク ヨシノ ヒデキ 発行年月:2021年04月08日 予約締切日:2021年02月26日 ページ数:304p サイズ:単行本 ISBN:9784798916958 吉野英岐(ヨシノヒデキ) 岩手県立大学総合政策学部教授。1960年生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。社会学修士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1部 公的な住宅供給と災害復興(災害復興の中心的課題としての住宅再建/東日本大震災からの復興政策における災害公営住宅の供給/岩手県における災害公営住宅の供給過程/宮城県における災害公営住宅の供給過程/福島県における災害公営住宅の供給過程)/第2部 災害公営住宅入居者の生活実態と課題(災害公営住宅入居者調査の概要/災害公営住宅におけるコミュニティ形成と復興感/災害公営住宅入居者の生活課題/岩手県における災害公営住宅の現状と課題ー宮古市・大船渡市・陸前高田市・釜石市/宮城県における大規模災害公営住宅の現状と課題ー仙台市・石巻市・気仙沼市/福島県内における復興公営住宅入居者の居住地選択とコミュニティ形成)/第3部 復興の在り方と住宅再建の課題(災害公営住宅整備の特徴とこれからの課題(座談会)/これからの住宅復興の課題と展望) 東日本大震災の後、被災者の居住を確保すべく整備された約3万戸の災害公営住宅。震災から10年が経過した今日に至るまで、慣れない集合住宅環境の中で多くの人々が日々の生活を営んできた。本書では、震災後に行われた住宅復興政策の検証および、岩手県・宮城県・福島県における災害公営住宅の居住者約2000名を対象に実施された大規模アンケート調査結果の分析を行う。県や自治体ごとに異なる居住者たちの“復興感”やコミュニティ形成状況の実態を浮かび上がらせ、真の「住宅復興」を志向した一冊。 本 人文・思想・社会 社会 消費者 美容・暮らし・健康・料理 住まい・インテリア マイホーム

販売ページ