むらの小さな精米所が救う アジア・アフリカの米づくり [ 古賀康正 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】むらの小さな精米所が救う アジア・アフリカの米づくり [ 古賀康正 ]

カード利用可 海外配送不可 翌日配送可能 ギフト包装不可能

0 (0件)

在庫あり

2,200円 (税込み) (送料込み)

販売ページ

キャッチコピー

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

ショップ名

楽天ブックス

商品情報

翌日配送締め切り時間 12:00
翌日配送対象地域 群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/宮城県/福島県/茨城県/栃木県
ポイント 1倍

商品説明

古賀康正 農山漁村文化協会ムラノチイサナセイマイショガスクウアジアアフリカノコメヅクリ コガヤスマサ 発行年月:2021年03月25日 予約締切日:2021年03月01日 ページ数:188p サイズ:単行本 ISBN:9784540202414 古賀康正(コガヤスマサ) 1931生まれ。東大農学部卒。農学博士。海外技術協力事業団(OTCA)研修管理員、(株)佐竹製作所(現(株)サタケ)海外部長、国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)専門家、海外貨物検査(株)コンサルタント部顧問、インドネシア・ボゴール農科大学客員教授、(株)民生技術研究所所長、岩手大学農学部教授、国際協力機構(JICA)研修指導者等を歴任、海外各種プロジェクトの調査・計画・監督に従事する。全国小水力利用推進協議会設立・理事(現顧問)。現在、JICA非常勤講師、その他コンサルタント(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 1 日本だけでおこなわれる米のつくり方/米の収穫後過程とそのための機械/2 農民が米作に熱心でないとすれば、そのわけがある/3 零細農民には「農村精米所」が救世主となる/4 農村精米所の波及効果/5 アジア・アフリカの米の増産と農村精米所/結語にかえてー「技術」とはモノではない。社会関係を無視した「技術的解決」などありえない 日米と諸外国の米づくりの根本的な相違ー籾摺り作業を農民がやるか、それとも業者がやるかーに注目し、アジアの米作農村地域に戦後多数出現した籾の賃搗き加工所=農村精米所の果たした役割と意義を詳述。今日、米の増産が求められるアフリカの米作発展の道を描く。 本 ビジネス・経済・就職 産業 農業・畜産業

販売ページ