六代目圓生コレクション 寄席育ち (岩波現代文庫 文芸333) [ 三遊亭 圓生 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】六代目圓生コレクション 寄席育ち (岩波現代文庫 文芸333) [ 三遊亭 圓生 ]

カード利用可 海外配送不可 翌日配送不可 ギフト包装不可能

0 (0件)

在庫あり

1,738円 (税込み) (送料込み)

販売ページ

キャッチコピー

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

ショップ名

楽天ブックス

商品情報

ポイント 1倍

商品説明

岩波現代文庫 文芸333 三遊亭 圓生 岩波書店ロクダイメエンショウコレクションヨセソダチ サンユウテイ エンショウ 発行年月:2021年06月17日 予約締切日:2021年05月10日 ページ数:526p サイズ:文庫 ISBN:9784006023331 三遊亭圓生(サンユウテイエンショウ) 1900ー1979年。落語家。子ども義太夫を経て落語家に転向、橘家圓童で初高座。20年橘家圓好で真打。41年六代目三遊亭圓生を襲名。45年春、志ん生らと共に満洲に渡り慰問公演を行い、大連で終戦を迎える。戦後は完成度の高い高座を披露、押しも押されもせぬ大看板として活躍。65ー72年落語協会会長。68年芸術選奨文部大臣賞、72年芸術祭大賞、73年勲四等瑞宝章を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 明治篇(出生/幼時 ほか)/大正篇(名人圓喬/噺家の服装 ほか)/昭和篇(青山三光亭/引越し時代 ほか)/芸談篇(自分の芸/芸の行儀 ほか)/列伝篇(三遊亭圓遊/三遊亭圓右 ほか) 明治・大正・昭和の芸界を生き抜いてきた名人・六代目三遊亭圓生。数多くの著書を遺しているが、本書はその代表作である。自らの生い立ち、修業時代、芸談、噺家列伝など、芸一筋の人生をつぶさに語る。聞き手・山本進によって、圓生ならではの口跡そのままに綴られており、語りの妙を堪能できる。さらに綿密な考証が施され、落語史・芸能史・庶民生活史の資料としても貴重である。 本 エンタメ・ゲーム 演芸 落語 文庫 人文・思想・社会

販売ページ