AERA (アエラ) 2021年 9/20号 [雑誌]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】AERA (アエラ) 2021年 9/20号 [雑誌]

カード利用可 海外配送不可 翌日配送不可 ギフト包装不可能

5 (3件)

在庫なし

440円 (税込み) (送料込み)

販売ページ

キャッチコピー

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

ショップ名

楽天ブックス

商品情報

ポイント 1倍

商品説明

朝日新聞出版アエラ 発売日:2021年09月13日 予約締切日:2021年08月31日 A4変 21011 JAN:4910210130915 木村拓哉さんがAERA9月13日発売号の表紙に登場! カラーグラビア&インタビュー4ページも含め撮影は蜷川実花 AERA 9月20日号の表紙に、まもなく公開の映画「マスカレード・ナイト」に主演する木村拓哉さんが登場します。木村さん自身が「幼なじみ的な感覚がある」と話す蜷川実花のカメラに、力強いまなざしで向き合いました。インタビューでは、撮影の舞台裏はもちろん、シンガーとしての自分を支える「オールドルーキー」の自覚や、好んで使う「Flow」の言葉に込めた思いを率直に語っています。 木村拓哉さんが映画「マスカレード・ナイト」で演じたのは、殺人事件の捜査のため、大みそかのホテルでのカウントダウンパーティーに乗り込む敏腕刑事。2019年公開のヒット作「マスカレード・ホテル」の続編で、インタビューでは、まず、前作で築いた信頼関係の中で行われたという撮影を振り返ります。長澤まさみさん演じるバディーとの間に生まれた「大人の空気感」や、鈴木雅之監督との演技を巡るやりとり、初体験だったというアルゼンチンタンゴのレッスンーー。縦横無尽に話題が広がります。 昨年からはソロシンガーとしても活躍する木村さん。マイクを持ち、音楽と向き合うにあたっては、SNSなどを通じて、ファンが待っていてくれるということを自覚できたこと、明石家さんまさんに「まさしくオールドルーキーやんけ」と背中を押されたことが大きかったと話します。そして、ソロアルバムのタイトルにも使った「Flow」という言葉に込めた思いを語った木村さん。絶え間なく流れること、その流れに乗るために必要なことの先に、木村さんが見つめていた「リアル」とは。木村さんの現在地を知ることができる、貴重なインタビューとなりました。 ●巻頭特集は、「家族構成別 感染する前にやっておくこと」 医療逼迫が続く中、感染の不安のみならず、自宅療養への不安が広がっています。特集では、入院したくてもできない事態に陥ったときに備えて事前にやっておくべきことを、自宅療養の経験者と在宅医療の専門家などに取材。45のタスクにまとめました。「体温計用の電池の予備」や「感染を広げる咳対策のためののど飴」など、意外な必需品に加え、備蓄食料品を用意するときの「選択基準」、必須の市販薬などを網羅しているほか、「ひとり暮らし」「子どもあり」「高齢者と同居」「ペットがいる」など、家族構成によって異なる備えについても取材しました。 デル 雑誌 総合誌 その他

販売ページ