政治学と因果推論 (シリーズ ソーシャル・サイエンス) [ 松林 哲也 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】政治学と因果推論 (シリーズ ソーシャル・サイエンス) [ 松林 哲也 ]

カード利用可 海外配送不可 翌日配送可能 ギフト包装不可能

0 (0件)

在庫あり

2,200円 (税込み) (送料込み)

販売ページ

キャッチコピー

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

ショップ名

楽天ブックス

商品情報

翌日配送締め切り時間 12:00
翌日配送対象地域 群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/宮城県/福島県/茨城県/栃木県
ポイント 1倍

商品説明

シリーズ ソーシャル・サイエンス 松林 哲也 岩波書店セイジガクトインガスイロン マツバヤシ テツヤ 発行年月:2021年11月18日 予約締切日:2021年10月10日 ページ数:216p サイズ:全集・双書 ISBN:9784000269995 松林哲也(マツバヤシテツヤ) 1977年生まれ。2007年、テキサスA&M大学大学院政治学部博士課程修了。Ph.D.(政治学)。専門は政治行動論、政治代表論。ノーステキサス大学政治学部アシスタント・プロフェッサー、大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授を経て、大阪大学大学院国際公共政策研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 政治学と因果推論/第2章 因果効果の定義と自己選択バイアス/第3章 統制に基づく比較の限界と自己選択 バイアスの克服/第4章 無作為割り当てを利用する比較:無作為化実験/第5章 偶然の割り当てを利用する比較:自然実験/第6章 カットオフ周辺での割り当てを利用する比較:不連続回帰デザイン/第7章 偶然が引き起こす連鎖反応を利用する比較:操作変数法/第8章 経時的変化を利用する比較:差の差法/第9章 因果推論のはじめかた/第10章 因果推論のゆくえ 政治学の分野で重要性を増している「因果推論」。本書ではその基礎から書き起こし、さまざまな研究例を用いて無作為化実験、自然実験、不連続回帰デザイン、操作変数法、差の差法といった具体的手法を解説していく。さらに研究の基本的な流れや進めかたなども論じ、読者を研究の実践へといざなう。 本 人文・思想・社会 政治

販売ページ