コロナショック・ドクトリン (論創ノンフィクション 27) [ 松尾匡 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】コロナショック・ドクトリン (論創ノンフィクション 27) [ 松尾匡 ]

カード利用可

在庫あり

1,980円 (税込み) (送料込み)

(2023/01/12 17:15:05時点の在庫、価格情報です。詳しくは販売ページにてご確認下さい。)

販売ページ

キャッチコピー

【楽天ブックスならいつでも送料無料】

ショップ名

楽天ブックス

商品情報

ポイント 1倍

商品説明

論創ノンフィクション 27 松尾匡 論創社コロナショック ドクトリン マツオタダス 発行年月:2022年08月30日 予約締切日:2022年07月08日 ページ数:230p サイズ:単行本 ISBN:9784846021900 松尾匡(マツオタダス) 1964年、石川県生まれ。立命館大学経済学部教授。専門は理論経済学。神戸大学大学院経済学研究科博士課程修了。論文「商人道!」で第3回河上肇賞奨励賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 コロナ下で進む日本経済の「転換」/補論 為替相場の決まり方/第2章 ここまで来たコロナショック・ドクトリン/第3章 まだまだ進むコロナショック・ドクトリン/第4章 コロナ火事場経済の「前門の虎」と「後門の狼」/第5章 二〇二二年に入ってからの動き/第6章 対談 京都で働く中小事業者たち@コロナ禍(鈴木宏介(中京民主商工会事務局員)×松尾匡) 新型コロナウイルスの感染が爆発するなかで、安倍・菅政権が打ち出し、岸田政権に引き継がれた経済政策。それは、コロナ禍を利用し、貧しい人々や中小企業を切り捨てる、新自由主義の攻勢を宣言するような内容のものだった。まちがった現状を打開するため、私たちには何ができるのか。気鋭の経済学者がコロナショック・ドクトリンの実像を探り、日本経済のあるべき姿を示す。 本 ビジネス・経済・就職 経済・財政 日本経済

販売ページ