WAREHOUSE☆Lot.403 セットインフリーダムクルーネック両Vスウェット SET IN FREEDOM二本針スウェットWHSW-20AW021(ウエアハウス)WARE HOUSE【ウェアハウス】

2020FWサイズ46が追加再入荷!WAREHOUSE●安心の正規販売店♪こだわりの吊り編み機で仕立てたウエアハウスの定番スウェットシリーズMADE IN JAPAN日本製(メイドインジャパン)WAREHOUSE☆Lot.403 セットインフリーダムクルーネック両Vスウェット SET IN FREEDOM二本針スウェットWHSW-20AW021(ウエアハウス)WARE HOUSE【ウェアハウス】

カード利用可 海外配送不可 翌日配送不可 ギフト包装不可能

4.83 (6件)

在庫あり

13,200円 (税込み) (送料込み)

販売ページ

キャッチコピー

2020FWサイズ46が追加再入荷!WAREHOUSE●安心の正規販売店♪こだわりの吊り編み機で仕立てたウエアハウスの定番スウェットシリーズMADE IN JAPAN日本製(メイドインジャパン)

ショップ名

cansasキャンサス

商品情報

ポイント 10倍
ポイント10倍の開始時刻 2020/11/26 00:00
ポイント10倍の終了時刻 2021/01/24 23:59

商品説明

※お客様にお得情報※ ↓ご注文前にぜひお読みください↓ エコに協力してお得にお買物エコ梱包 (^o^)♪ 送料無料&代引き手数料無料! WAREHOUSE(ウェアハウス)こだわりの日本製 古着の風合いを再現するために最も適した吊編み機を使用しており、染めカラーの表糸には18番の米綿を使用、オートミール、グレイには繋ぎの40番、裏糸の8番がオーガニックコットンの茶綿のため赤味が強い 経の目が強く出るように番手を設定している 吊編み機で編まれた生地は、編み終わった生地が下に落ちるため、巻き取りの際にも負荷がかからず、空気を含んで編まれている このため生地そのものは洗いと乾燥により大きく伸縮するが、他の編み機では出せない独特の肌を包むような柔らかい風合いを持っている ◆403 セットインフリーダム ●肩がセットイン、脇下からフリーダムスリーブという、「セットインフリーダム」腕の可動性を高める働きを持つ ●首周りには生地の伸縮に糸が耐えられるように、ロック糸を表、裏の両側に振っている これにより、最も糸切れしやすい首周り箇所が補強されるばかりでなく、着込むことで、身生地と糸の褪色違いによるコントラストがより顕著にさらに首周りは極太の糸を採用 ●筒リブ、筒腰リブは身生地同様、筒編みの袖と腰リブ、それぞれ決められたサイズの編み機によって編まれる色あわせの必要があるため、開反(丸胴を割る事)によるSWEATの倍以上の手間がかかる ●アメリカのインチサイズによる二本針仕様 広いピッチの運針や内側の比較的粗めのロック糸が表から見える仕様はヴィンテージスウェットにしかみられないディテール 2020秋冬新色サーモンが追加されました ルーズフットのトレンドやお客様のご要望により2020秋冬よりさらに46サイズが追加されました 素材…綿100% MADE IN JAPAN (日本製) 実寸 (当社計測、若干の誤差はご容赦願います) 38…身幅約51cm着丈約63cm袖丈約59cm 40…身幅約55cm着丈約64cm袖丈約61cm 42…身幅約57.5cm着丈約65cm袖丈約63cm 44…身幅約62cm着丈約66cm袖丈約64cm 46…身幅約66cm着丈約68cm袖丈約64.5cm ※丸胴仕様は編み上げのテンションなどの環境の違いによってサイズに個体差がございます この商品の特徴としてご理解くださいますようお願いいたします ※お洗濯を繰り返すことにより一回り縮んでくると思われます 未洗いの状態での仕上げの為ミシン油などが僅かに付着している場合がございますが、お洗濯を繰り返すことで消えていきます メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています ウエアハウスのスウェットは創業時から作られてきた代表的なアイテムのひとつ。 目指したのは、もちろんアメリカのヴィンテージ。カタチを似せるために表面だけなぞるのではなく、風合いや着心地など本質まで求めて作っているのは、これまで紹介してきたジーンズ、ネルシャツと同様である。 そんな彼らが求めたスウェットは、肉感のある生地と独特のフェードした色合い、またタテに筋が入るように目が立った表面など、ヴィンテージスウェットそのもの。 それを生み出す上で、絶対に欠かせないのが、吊り編み機だとウエアハウスは語る。 「ジーンズで例えるならば、力織機を使ったモノづくりがしたかったわけではなく、セルビッジデニムを作る織機が力織機であったということです。それと同様に、私たちが求める風合いのスウェット生地を作るには、吊り編み機が不可欠だったのです」 世界的に見ても稼働している吊り編み機は少ない。 日本でも和歌山エリアに工場が数件あるだけだ。 そんな希少な吊り編み機が120台も稼働しているという和歌山の工場「和田メリヤス」でウエアハウスのスウェットは作られる。 吊り編み機が希少とされているのは'80年代にシンカーと呼ばれる新型編み機の台頭により数が減少。生地の目を1段ずつ編む吊り編み機に対して、シンカーは120段を一気に編めるという驚異的な生産効率だった。 当時のニット工場は次々と吊り編み機からシンカーへと移行。 しかし和田メリヤスの代表、和田氏の目には、シンカーよりも、吊り編み機が作る生地の方が魅力的に映っていたという。 「どちらもスウェットを作れる吊り編み機とシンカーですが、編み方が全く違います。簡単に言うならば、破裂強度の差ですね。吊り編みの方は生地が縦にも横にも自由に伸びるからその分破れにくい。シンカーは縦方向しか伸びないため、横に強い力をかけると破れてしまう。もちろん大量に生産できるのは魅力的でしたが、吊り編み生地と同じものを編めるとは思えなかったので、シンカーの導入は見送りました」 吊り編み機で編んだ生地の特徴は丸編み(筒状に編まれた生地)で、生地自体の重みで編み下げていく方式。そのため糸にテンションを加えずに編めるため"空気を含みながら編む"という表現が使われるのも納得。 仕上がった生地はふわりと柔らかく温かみも感じられる。 過去紹介したジーンズと旧式の力織機のように、ヴィンテージの風合いを求めたウエアハウスが、昔ながらの吊り編み機と出会うのは必然だったといえよう。WAREHOUSE (ウエアハウス) 〜Lot.403 セットインフリーダムクルーネック両Vスウェット SET IN FREEDOM WHSW-20AW021〜 WAREHOUSE (ウェアハウス) ウエアハウスは「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」というテーマを追い続けるブランドです。 ウエアハウスの衣料はデザイナーズブランドではありません。 それは当時のワークウエアやデイリーウエアにデザイナーの名前が残っていないように、誰が作った衣料であるか分からないからこそ、その衣料がさらに魅力的であると考えるからです。

販売ページ