【第1類医薬品】エスプライン SARS-CoV-2&FluA+B(一般用)コロナウイルス・インフルエンザ抗原キット

5900円(税込)以上で送料無料!【第1類医薬品】エスプライン SARS-CoV-2&FluA+B(一般用)コロナウイルス・インフルエンザ抗原キット

カード利用可

在庫あり

5,085円 (税込み) (送料別)

(2023/01/12 11:54:24時点の在庫、価格情報です。詳しくは販売ページにてご確認下さい。)

販売ページ

キャッチコピー

5900円(税込)以上で送料無料!

ショップ名

くすりのレデイハートショップ

商品情報

ポイント 1倍

商品説明

この商品は医薬品です、同梱されている添付文書を必ずお読みください。※商品リニューアル等によりパッケージ及び容量は変更となる場合があります。ご了承ください。この検査の使用について本キットは、新型コロナウイルス抗原及びインフルエンザウイルス抗原を同時に検査するキットですが、ウイルス量が最大になる時期が異なる等、それぞれのウイルスの性質が異なることが知られています。そのため、本キットは以下の点に留意の上、判定結果を活用してください。・発熱等の感冒症状がみられた場合にセルフチェックとして本キットを使用し、判定結果を踏まえて、お住まいの地域の自治体からの案内にしたがって適切に医療機関の受診等を行ってください。・発症からの経過時間によって判定結果が変わりうるため、症状が出てから本キットを使用するまでの時間を記録し、医療機関の受診時に本キットの結果とあわせて医師に伝えてください。※いずれの判定結果が陰性の場合でも、偽陰性(過って陰性と判定されること)の可能性があります。※特にインフルエンザは、発病初期はウイルス量が少なくウイルス抗原を検出できない場合があることが知られています。この検査のしくみ(測定の原理)本キットは、鼻腔ぬぐい液中のSARSコロナウイルス抗原及びインフルエンザウイルス抗原に、検査キット上の各抗原に対応する抗体が結合することによりキット上のラインとして確認するものです。 医薬品の使用期限 医薬品に関しては特別な表記の無い限り、1年以上の使用期限のものを販売しております。1年以内のものに関しては使用期限を記載します。 名称 一般用検査薬 第1類医薬品 内容量 2回用(1セット) 使用方法・用法及び使用上の注意 使用上の注意してはいけないこと検査結果から自分で病気の診断をすることはできません(上記「この検査の使用について」に従ってください)。相談することこの説明書の記載内容で分かりにくいことがある場合は、医師又は薬剤師に相談してください。使用目的鼻腔ぬぐい液中のSARS - CoV - 2抗原、A型インフルエンザウイルス抗原及びB型インフルエンザウイルス抗原の検出(SARS - CoV - 2感染疑い又はインフルエンザウイルス感染疑いの判定補助)使用方法(測定準備)・本試薬はそのままご使用ください。ただし、冷蔵庫などで保管されていた場合には反応カセット(アルミ袋のまま)および検体処理液を20〜37℃に戻してから使用してください。使用前に検体処理液(スクイズチューブ)を軽く1〜2回振って、トップシールに付着した検体処理液を落としてください。・検査を実施する前に、時計かタイマーを準備してください。●検査のしかた検体採取(鼻腔ぬぐい液の自己採取)キット付属の滅菌綿棒を、鼻孔に2cm程度挿入し、5回程度回転させます。挿入した部位で5秒程度静置したのち、先端が他の部位に触れないように注意深く引き抜きます。試料調製1)検体処理液(スクイズチューブ)のトップシールを検体処理液の飛び散りが起こらないよう、片方の手でスクイズチューブの首部を持ち、もう一方の手でシールを持ってはがします。2)検体を採取した綿棒の綿球部分をすみやかにスクイズチューブ内の検体処理液に浸します。3)スクイズチューブの周りから綿球部分を指で挟み押さえながら10回程度綿棒を回転させて、綿球部分から採取検体を抽出します。4)スクイズチューブの首部より下で液面より上の部分を少し強めに押さえて、綿球部分から液体を搾り出しながら綿棒を取り出し、試料液を調製します。5)調製した試料液の入ったスクイズチューブに滴下チップ(ろ過フィルター入り)をしっかりとはめ込みます。試料滴下1)20〜37℃で行います。2)測定に使用する数の反応カセットのアルミ袋を開封し、反応カセットを取り出します。3)反応カセット判定部の赤いラインが「r」の文字の範囲内にあることを確認します。「r」の文字の範囲内に赤いラインがない反応カセットや、ラインが消失している反応カセットは使用しないでください。また、黄色の凸部がすでに押されている反応カセットは使用しないでください。4)スクイズチューブに取り付けた滴下チップを通して、試料液を反応カセットの紫色の検体滴下部へ確実に2滴(約20μL)滴下します。その際に、反応カセット蓋と滴下チップの先端を10mm以上離して検体滴下部の中央に滴下してください。5)試料液滴下後、試料液が検体滴下部に確実に染み込むことを確認してすみやかに反応カセットの凸部の頂点部分を上から押して反応を開始してください。この時、凸部が完全に押し込まれたことを確認してください。6)20〜37℃で20分間水平に静置し反応を行います。使用に際して、次のことに注意してください(検体採取に関する注意)・採取した検体は保存せずできる限り早く、使用方法の試料調製に従い試料液調製を行い、検査してください。・必ず清潔な綿棒(キット付属品)をご使用ください。・検体は採取後速やかに検体処理液(スクイズチューブ)に入れ、速やかに検査を行ってください。・採取方法、採取部位が異なると、正しい結果が得られないことがあります。 効能・効果 鼻腔ぬぐい液中の SARS-CoV-2 抗原、A 型インフルエンザウイルス抗原及び B 型インフルエンザウイルス抗原の検出(SARS-CoV-2 感染疑い又はインフルエンザウイルス感染疑いの判定補助(判定に関する注意)指定された静置時間を過ぎた場合、検査キット上に表示される結果が変わることがありますので、必ず指定された時間で判定してください。本キットの結果を医療機関等に提示する場合も考慮して、「症状が出た時刻」、「本キットを使用した時刻」をメモした紙と一緒に判定部分の写真を撮影することをおすすめします。・検査キット上に表示される結果が明瞭でなく、判定が困難である場合には、陽性であった場合と同様に適切に医療機関の受診等を行ってください。・本試薬は20分で判定を実施してください。但し、20分より前でも、レファレンスラインとSARS - CoV - 2判定ラインが認められた場合は「SARS - CoV - 2陽性」、レファレンスラインとA / B型インフルエンザウイルス判定ラインが認められた場合は「インフルエンザウイルス陽性」と判定可能です。20分判定時点では「陰性」でその後「陽性」となった場合は「陰性」と判定してください。 成分・分量 1テスト中1.反応カセット抗SARS - CoV - 2モノクローナル抗体(マウス)抗A型インフルエンザウイルスモノクローナル抗体(マウス)抗B型インフルエンザウイルスモノクローナル抗体(マウス)アルカリホスファターゼ(ALP)標識抗SARS - CoV -2モノクローナル抗体(マウス)アルカリホスファターゼ(ALP)標識抗A型インフルエンザウイルスモノクローナル抗体(マウス)アルカリホスファターゼ(ALP)標識抗B型インフルエンザウイルスモノクローナル抗体(マウス)5−ブロモ−4−クロロ−3−インドリル−りん酸二ナトリウム塩2.検体処理液(スクイズチューブ)・滅菌綿棒・滴下チップ 保管および取扱い上の注意 1)小児の手の届かない所に保管してください。2)直射日光や高温多湿を避け、1〜30℃で保管してください。特に、凍結しないように注意してください。3)本品の反応温度は20〜37℃の範囲であるため、冷たい場所や暖房器具の近く等で検査を行う場合には反応温度が範囲外とならないように注意してください。4)品質を保持するために、他の容器に入れ替えないでください。5)使用直前に開封してください。6)使用期限の過ぎたものは使用しないでください。7)反応容器の検体滴下部および判定窓は直接手などで触れないようにしてください。 賞味期限又は使用期限 保管期間・有効期間1〜30℃保存  21ヵ月(使用期限は外箱に記載) 発売元、製造元、輸入元又は販売元、消費者相談窓口 富士レビオ株式会社奈川県相模原市中央区田名塩田1丁目3番14号電話:0120-292-026 受付時間:土日祝日除く 平日9:00 〜 17:30 商品区分 医薬品 広告文責 株式会社レデイ薬局 089-909-3777管理薬剤師:喜安 達也 リスク区分 第1類医薬品

販売ページ